圧力反応容器(オートクレーブ)/ガラスリアクター/フィルターシステム

圧力反応容器・装置

極少量圧力反応容器 ≪ティニクレーブSUS≫

ガラス反応容器は、プロセス制御および監視を可能にして、酸に対して高い耐性を確保できます。また本装置は、研究テーマに合わせて材質をガラス、スチール、ハステロイ、テフロンに変更できるように設計されています。 圧力下での運転でも安全な反応が確保するため安全機能を装備しています。
容 器 10-25ml
圧 力 -1(FV)~ +10/+100bar
温 度 -20℃ ~ +200℃/+300℃
仕 様 メタル容器/ガラス容器

小型圧力反応容器 ≪ミニクレーブSUS≫

ガラス反応容器は、プロセス制御および監視を可能にして、酸に対して高い耐性を確保できます。また本装置は、研究テーマに合わせて材質をガラス、スチール、ハステロイ、テフロンに変更できるようにに設計されています。 圧力下での運転でも安全な反応が確保するため安全機能を装備しています。
容 器 100-300ml
圧 力 -1(FV)~ +10/+100bar
温 度 -20℃ ~ +200℃/+300℃
仕 様 メタル容器/ガラス容器

耐酸性小型圧力反応容器 ≪ミニクレーブPTFE≫

本装置は、広範囲に各容量の容器が装着可能で、すべての接触部分には、不活性(非金属の)材質が採用されています。 圧力下で安全な反応を確保するため、圧力逃がし弁を装備しています。 可視と監視が可能なガラス容器は、不活性で酸の使用が可能です。
容 器 100-300ml
圧 力 -1(FV)~ +10bar
温 度 -20℃ ~ +150℃
仕 様 ガラス容器

耐酸性ガラス圧力反応装置 ≪イナートクレーブ≫

本装置の多目的圧力反応器システムは、各種ガラス製圧力容器と交換できるように設計されています。また安全機能は、圧力下で安全な反応を確保します。
視覚的なプロセス制御および監視を可能なガラス反応器は、酸に対して高い耐性を確保し、製品の触れる部分には、不活性(非金属)材料を採用しています。 マグネチックドライブは、粘度の低いメディアから高い粘度のメディアでも高性能に混合いたします。
容 器 0.5-1.0リットル
圧 力 -1(FV)~ +6bar
温 度 -20℃ ~ +180℃
仕 様 ガラス容器

耐酸性ガラス圧力反応装置 ≪キロクレーブイナート≫

本システムは、化学物質、金属成分からの汚染または干渉を回避し、酸に対して高い耐性を実現します。また確実な撹拌を実現すためセラミックマグネチック撹拌カップリングと補強されたPTFEカバーを採用しています。 タンタル製ガラスライニング圧力容器は、より高い圧力で使用する用に設計されています。
傾き機能を備えた油圧容器リフトは、非常に簡単に容器の開閉並びに洗浄を行うことができます。
容 器 5.0-20リットル
圧 力 -1(FV)~ +6bar
温 度 -20℃ ~ +180℃
仕 様 グラスライニング容器

小型・少量圧力反応装置 ≪ピコクレーブ≫

本圧力容器システムは、各種容量容器の装着が可能な設計で、付属の圧力逃がし弁が、圧力下で安全な反応を確保します。
可視と監視が可能なガラス容器は、不活性の為、酸の使用が可能です。また高圧用としては、ステンレスの圧力容器も使用することができます。 マグネットドライブは、安全な撹拌プロセスと優れた熱伝導で効率の良い撹拌が可能です。
ワンタッチクロージャーは、ツールを使用せず簡単に容器を交換することができます。
容 器 100-300ml
圧 力 -1(FV)~ +60bar
温 度 -20℃ ~ +250℃
仕 様 メタル容器/ガラス容器

圧力反応装置 ≪エコクレーブ≫

本圧力容器システムは、各種容量容器の装着が可能な設計です。圧力逃がし弁は、圧力下で安全な反応を確保します。
可視と監視が可能なガラス容器は、不活性の為、酸の使用が可能です。またサイトグラス付き金属容器を使用すると、高圧下での反応の目視が可能になります。 低粘度から高粘度に対応可能な低高トルクマグネティックカップリングは優れた熱伝導を実現します。新たなテーマに対してのシステムの変更、アップグレードが可能です。 お客様の仕様にあわせて、液体添加、固体投入、ガス導入、触媒用バスケットなどのアクセサリーを取り揃えています。
容 器 0.25-3.0リットル
圧 力 -1(FV)~ +60bar
温 度 -20℃ ~ +250℃
仕 様 メタル容器/ガラス容器

圧力反応装置 ≪ポリクレーブ≫

ガラス容器、金属容器が取り付けられるようデザインされた多目的圧力反応システムは、圧力下でも安全な反応が行える安全機能付きです。
ガラス容器は目視プロセスコントロールとモニタリングが可能で、酸に対し高耐性があります。また、のぞき窓付金属圧力容器は、高圧下での目視コントロールとモニタリングが可能です。 低高トルクマグネティックカップリングは、優れた熱伝導と同様に、低粘度から高粘度の媒体を確実に撹拌します。
容 器 0.25-5.0リットル
圧 力 -1(FV)~ +60bar
温 度 -20℃ ~ +250℃
仕 様 メタル容器/ガラス容器

お問い合わせフォーム

ご用件
お問い合わせ製品
会社名
ご担当者名
メールアドレス
メールアドレス確認
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件の詳細

個人情報の取り扱いについて

1.個人情報の管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
管理者の職名と氏名:ユラボジャパン株式会社 管理部責任者 連絡先:電話 0725-51-3401
2.個人情報の利用目的

(1)ご本人より書面等(Webページや、電子メール等によるものを含む。以下「書面」)により直接取得する個人情報

①書面・Web上で取得するお客様情報
・当社がウェブ上で行う通信販売業務での、お客様からの製品の受注、発送、関連するお問合せへの回答及びアフターサービスのための通信・連絡業務のため。

②お取引様情報
商談及び業務上の諸連絡、受発注業務、請求支払業務のため。

③株主情報
・情報公開、配布物の送付、連絡のため

④当社従業者情報
・従業者の人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理のため

⑤お問合せ情報
・お問合せのご返答、お知らせをお送りするため

3.個人情報の第三者提供

当社では、次に掲げる場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはございません。

(1)あらかじめご本人様の同意を得ている場合
(2)法令に基づく場合
(3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることが困難な場合
(4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることが困難な場合
(5)国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
(6)業務を円滑に遂行するため、利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合

4.個人情報の開示等の請求
当社は、ご本人からのご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)の求めに応諾いたします。開示等の求めは当社問合わせ窓口にお申し出下さい。その際、当社はご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。取引先から委託される個人情報は開示対象個人情報に該当いたしませんが、取引先より特段の指示があった場合はその指示に従います。
5.個人情報を提供されることの任意性と結果

当社への個人情報の提供は、ご本人の任意によるものです。
ただし、必要な項目をいただけない場合、各サービス等が適切な状態で提供できない場合があります。